トランポリンの歴史

-ご存じですか?オリンピックの正式種目なんですよ!-

トランポリンのルーツは諸説あり、藁人形や毛布で跳ね上げるスペインの「ペレレ (pelele)」と呼ばれる遊び。人間を放り上げる悪戯遊び「ケット上げ」。アラスカのエスキモー(イヌイット)の間で行われていた競技で、セイウチの獣皮などで作られるシートをチームメイトにトスしてもらいながら高さや回数を競い合うナルカトクnalukatokuといったものがあるが,200年ほど前にサーカスの曲芸に採り入れられ,これを用いて何頭もの象の上を飛び越えたり空中で回転したりして観客を楽しませたり,驚かせたりしたことが,現在のトランポリンのルーツであると考えられる。【出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版】

1930年代にジョージ・ニッセン氏によって現在のトランポリンの原型がうまれ競技に発展を遂げ、2000年のシドニーオリンピックから正式種目となりました。
トランポリンは競技としてだけではなく「運動能力向上」や「レクリエーション」として広く利用されており、まさに老若男女が楽しめるスポーツとして今後も発展が期待されています。

 

見学・体験・入会のご案内

  • 佐倉本店:043-460-2011
  • 足立店:043-6807-1439
  • 草加店:048-950-8044
  • 八潮店:048-998-7400
  • 草加店:048-985-8044
  • 八千代店:047-409-963
  • ユーカリ店:043-488-5982
TOP